<< 羊をめぐる冒険 | main | タイガーブックス(1) タイガーランド >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

パコと魔法の絵本

評価:
コメント:中島哲也監督/役所広司、アヤカ・ウィルソン、妻夫木聡、土屋アンナほか/2008年

その他の出演者に國村隼、劇団ひとり、上川隆也、木村カエラ、小池栄子、加瀬亮、阿部サダヲ、山内圭哉など。あ、一瞬彦麻呂も出てきた。目が痛くなるほどカラフルでゴチャゴチャな雰囲気とは裏腹に、内容はいたってまじめ。決して奇跡は起きない。CGがなかなかいい味出してた。上川隆也や國村隼のあんな演技が見れるのは貴重。妻夫木聡、小池栄子なんか、途中まで確信が持てないくらいのコスプレ。絵本の語りも耳に残る。でも、何よりも阿部サダヲが最高。最初登場した時は木梨憲武かと思った。

at 23:00, kazimierz, 映画

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 23:00, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://recenzje.jugem.jp/trackback/70